用語集
量子コンピュータが本当にわかる! 第一線開発者がやさしく明かすしくみと可能性/武田俊太郎【3000円以上送料無料】
2,068円
著者武田俊太郎(著)出版社技術評論社発売日2020年03月ISBN9784297111359ページ数286Pキーワードりようし...
【中古】量子コンピュータによる機械学習 /共立出版/大関真之(単行本)
3,567円
◆◆◆非常にきれいな状態です。中古商品のため使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送...
みんなの量子コンピュータ 量子コンピューティングを構成する基礎理論のエッセンス / C.バーンハルト 著 かんたん 基礎 入門 概論 初心者 教本 学ぶ 学べる 解説 独学 言語 仕事 動画 活用術 アプリ 開発 オフィス Office ITエンジニア パ.. 人気 おすすめ 送料無料 #og
6,330円
みんなの量子コンピュータ 量子コンピューティングを構成する基礎理論のエッセンス / C.バーンハルト ...
動かして学ぶ量子コンピュータプログラミング シミュレータとサンプルコードで理解する基本アルゴリズム/EricR.Johnston/NicHarrigan/MercedesGimeno‐Segovia【3000円以上送料無料】
3,960円
著者EricR.Johnston(著) NicHarrigan(著) MercedesGimeno‐Segovia(著)出版社オライリー・ジャパン発売...
【中古】量子コンピュータとは何か (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ) (ハヤカワ文庫 NF 361 〈数理を愉しむ〉シリーズ)
272円
◇◆主にゆうメールによるポスト投函、サイズにより宅配便になります。◆梱包:完全密封のビニール包装また...

全て

全ての用語をここに表示します。

  • ■量子ヒルベルト空間
    量子ヒルベルト空間は、量子状態を数学的に記述するための抽象的な空間です。この空間は、量子ビットの状態や量子演算子を表現し、量子力学の計算の基礎を提供します。

  • ■量子イメージング
    量子イメージングは、量子光学の原理を使用して高解像度の画像を得る技術です。この方法は、光子の量子特性を利用し、従来の撮影技術よりも高い感度や分解能を実現します。

  • ■量子インプット-アウトプット理論
    量子インプット-アウトプット理論は、量子システムとその環境との相互作用を記述する理論です。これは、量子システムが外部からの入力にどのように応答するかを理解するために用いられます。

  • ■量子インスパイアードアルゴリズム
    量子インスパイアードアルゴリズムは、量子計算の概念に触発された古典的アルゴリズムです。これらは、量子アルゴリズムの特性を模倣して効率的な解を見つけます。

  • ■量子結合
    量子結合は、量子ビット間の相互作用の度合いを指します。これは、量子ビットがどの程度強く影響し合うかを示し、量子計算において重要な要素です。

  • ■量子マシンラーニング
    量子マシンラーニングは、量子計算を活用してデータからパターンを学習する技術です。この分野は、量子計算の高速性と並列性を利用して、機械学習アルゴリズムを強化します。

  • ■量子マップ
    量子マップは、量子状態の変換を記述する数学的表現です。これは、量子システムが時間とともにどのように進化するかを理解するのに役立ちます。

  • ■量子マスター方程式
    量子マスター方程式は、開放量子システムのダイナミクスを記述する方程式です。これにより、量子システムが外部環境と相互作用する際の振る舞いを理解できます。

  • ■量子メトロロジー
    量子メトロロジーは、量子特性を用いて測定の精度を向上させる分野です。これは、量子センサーや計測標準の開発に応用され、高い感度を実現します。

  • ■量子モーメント問題
    量子モーメント問題は、量子測定結果の統計的性質を分析する問題です。これは、量子システムの特性を理解するための基本的な問いとして扱われます。

  • ■量子ネゲティビティ
    量子ネゲティビティは、量子もつれの度合いを測定する指標です。これは、量子状態間の相関の強さを定量化し、量子情報理論において重要です。

  • ■量子ノイズ
    量子ノイズは、量子システムにおける不確実性やランダムな変動を指します。これは、量子測定や量子通信に影響を与え、エラー率を高める原因となります。

  • ■量子ノンローカリティ
    量子ノンローカリティは、量子もつれによって生じる非局所的な相関を指し、遠隔地の量子ビット間で即時に情報が伝達される現象です。

  • ■量子オラクル
    量子オラクルは、量子アルゴリズムにおいて特定の関数の値を提供するサブルーチンです。これは、アルゴリズムの入力に応じて特定の出力を返します。

  • ■量子位相空間
    量子位相空間は、量子力学における系の状態を記述するための抽象的な空間です。これは、量子系の位置や運動量などの物理量を包括的に表現します。

  • ■量子位相遷移
    量子位相遷移は、量子システムの基本的な性質が変化する現象です。これは、温度や外部磁場などの条件変化によって引き起こされます。

  • ■量子プログラミング
    量子プログラミングは、量子コンピュータで実行されるアルゴリズムやプログラムを作成するプロセスです。これには、量子ゲートの操作や量子ビットの制御が含まれます。

  • ■量子プロセストモグラフィ
    量子プロセストモグラフィは、量子プロセスを解析し、その挙動を詳細に記述する手法です。これは、量子演算の特性を理解するために使用されます。

  • ■量子プロトコル
    量子プロトコルは、量子情報を処理、伝達するための手順や規則です。これには、量子通信や量子計算における様々な操作が含まれます。

  • ■量子レンジ
    量子レンジとは、量子力学の原理に基づいて定義される、粒子の空間的な広がりを表す概念です。特に、量子粒子の存在確率がゼロでない領域の大きさを指します。この概念は、粒子が特定の位置に局在しているのではなく、ある範囲内で確率的に存在することを示しています。量子レンジは、ハイゼンベルクの不確定性原理と密接に関連しており、粒子の位置と運動量の同時確定の限界を表現しています。量子レンジは、原子や分子の大きさ、量子ドットの励起状態、電子の軌道など、マイクロスケールの物理現象を理解する上で重要な役割を果たします。この概念は、量子コンピューティングや量子暗号などの最先端技術においても重要です。

  • ■量子レジリエンス
    量子レジリエンスとは、量子システムが外部からの摂動や干渉に対して安定な性質を保つ能力を指します。この概念は、量子コンピューティングや量子情報理論において特に重要です。量子ビット(キュービット)は非常に微妙な状態を持っており、外部環境からのわずかな干渉によってもその状態が容易に変化してしまう可能性があります。量子レジリエンスは、このような外部の影響に対してシステムがどの程度耐性を持つか、つまり状態のコヒーレンスを維持する能力を意味します。高い量子レジリエンスを持つシステムは、環境ノイズや温度変化などの外部条件の変化に強く、量子情報を長期間安定して保持することができます。この性質は、信頼性の高い量子コンピューターの設計や量子通信ネットワークの構築において重要な要素となります。

  • ■量子ロバスト性
    量子ロバスト性は、量子状態が外部の影響や干渉に対して強い耐性を持つ性質を指します。これは、量子システム、特に量子コンピューターにおける重要な特性であり、外部からのノイズや環境の変化によっても量子状態が簡単には乱されないことを意味します。量子ロバスト性の高いシステムは、量子情報の精度と安定性を保持することができ、エラーの影響を受けにくいため、量子コンピューティングや量子通信において信頼性の高い動作を実現します。この性質は、量子誤り訂正理論やエラー耐性設計において特に重要で、高い量子ロバスト性を持つシステムは、実用的な量子技術の実現に向けた重要なステップとなります。量子ロバスト性を向上させる研究は、量子システムの実用化において中心的な役割を果たしています。

  • ■量子サンプリング
    量子サンプリングは、量子状態の確率分布に基づいてデータを抽出するプロセスを指します。このプロセスは量子コンピューティングにおいて重要な役割を果たし、特に量子アルゴリズムの出力を解析する際に用いられます。量子コンピューターは、重ね合わせともつれという量子力学の原理を利用して、複数の可能性を同時に計算します。量子サンプリングは、このような計算結果から特定の確率分布に従ってデータを抽出し、観測します。これにより、古典コンピューターでは困難または不可能な複雑な計算問題の解を高速に導くことができます。量子サンプリングは、特に量子最適化、量子機械学習、量子化学計算などの分野で応用され、量子コンピューティングのパワーを実現するための重要な手段となっています。

  • ■量子スケーリング
    量子システムのサイズや性質が変化する過程。

  • ■量子スクランブリング
    量子情報が量子系内で広がる現象。

  • ■量子シャッフリング
    量子状態のランダムな並び替え。

  • ■量子シグナルプロセッシング
    量子効果を利用した信号処理。

  • ■量子シミュレータ
    量子系の挙動を模倣する装置。

  • ■量子スレッショルド
    量子誤り訂正が可能なエラーの限界。

  • ■量子スペクトロスコピー
    量子状態のエネルギー準位を測定する技術。

量子コンピュータ

量子コンピュータに関連する用語をここに表示します。

  • ■量子トンネル効果
    バリアを量子力学的に越える現象。

  • ■量子トリップル
    量子情報の3つ組の状態。

  • ■量子ツーリングマシン
    量子計算理論における概念上のマシン。

  • ■量子ツイスト
    量子状態のトポロジカルな変形。

  • ■量子ツイン
    実際の量子系のデジタル模倣。

  • ■量子ティーチング
    量子理論と技術の教育方法。

  • ■量子テラヘルツ技術
    テラヘルツ帯での量子現象を利用した技術。

  • ■量子テラビット
    量子情報の大量の単位。

  • ■量子テスト
    量子デバイスの性能評価。

  • ■量子テキスト処理
    量子計算を利用したテキスト処理。

  • ■量子トポロジカルインシュレーター
    電子が表面でのみ伝導する物質。

  • ■量子トンネルコンピューティング
    量子トンネル効果を利用した計算方法。

  • ■量子トンネル接合
    二つの導体間の量子トンネル接続。

  • ■量子トンネルネットワーク
    量子トンネル効果に基づく通信ネットワーク。

  • ■量子トンネルスペクトロスコピー
    量子トンネル効果を利用した分光学的手法。

  • ■量子トンネルセンサー
    量子トンネル効果を利用した高精度センサー。

  • ■量子トンネル時計
    量子トンネル現象を利用した高精度時計。

  • ■量子トンネル電流
    量子トンネル効果による電流。

  • ■量子トンネルリレー
    量子通信における中継システム。

  • ■量子トンネル抵抗
    量子トンネル効果による電気抵抗。

  • ■量子トンネルレジスター
    量子トンネル効果を利用した記憶装置。

  • ■量子トンネルリピーター
    量子通信距離を延伸するための装置。

  • ■量子トンネルロジック
    量子トンネル効果に基づく論理回路。

  • ■量子トンネル回路
    量子トンネル効果を利用した電子回路。

  • ■量子トンネルデバイス
    量子トンネル効果に基づく電子デバイス。

  • ■量子トンネルドリル
    量子トンネル効果を利用したナノスケール加工技術。

  • ■量子トンネルドライブ
    量子トンネル効果を利用した記憶装置。

  • ■量子トンネルダイナミクス
    量子トンネル効果による動的現象。

  • ■量子トンネルエフェクト
    量子トンネル効果による影響。

  • ■量子トンネルエレクトロニクス
    量子トンネル効果を利用した電子工学。

生成AI

生成AIに関連する用語をここに表示します。

  • 用語はありません。

  • デジタルトランスフォーメーション

    デジタルトランスフォーメーションに関連する用語をここに表示します。

  • 用語はありません。

  • < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >