用語集
量子コンピュータが変える未来/寺部雅能/大関真之【1000円以上送料無料】
1,760円
著者寺部雅能(共著) 大関真之(共著)出版社オーム社発売日2019年07月ISBN9784274223723ページ数335Pキー...
【中古】 量子コンピュータとは何か / ジョージ・ジョンソン, 水谷 淳 / 早川書房 [単行本]【メール便送料無料】
328円
著者:ジョージ・ジョンソン, 水谷 淳出版社:早川書房サイズ:単行本ISBN-10:4152086076ISBN-13:9784...
【中古】 量子コンピューターが本当にすごい Google,NASAで実用が始まった“夢の計算機 / 竹内 薫 / PHP研究所 [新書]【メール便送料無料】【あす楽対応】
328円
著者:竹内 薫出版社:PHP研究所サイズ:新書ISBN-10:4569824986ISBN-13:9784569824987■こちらの商品...
【中古】 2019年、日本上陸量子コンピューター 社会・企業・仕事・生活はこう変わる! / 日経ビジネス / 日経BP [ムック]【メール便送料無料】【あす楽対応】
335円
著者:日経ビジネス出版社:日経BPサイズ:ムックISBN-10:4296101102ISBN-13:9784296101108■通常24時...
量子コンピュータ入門【電子書籍】[ 西野哲朗 ]
2,860円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを...

全て

全ての用語をここに表示します。

  • ■量子ビットエラー率
    量子ビットエラー率は、量子ビットが誤った状態になる確率を表す指標です。これは、量子システムの信頼性と性能を評価するための重要なメトリクスであり、量子コンピュータの開発において低減することが重要な目標です。量子ビットエラー率は、外部の干渉、不完全な量子ゲート操作、量子デコヒーレンスなどによって引き起こされます。

  • ■量子相関
    量子相関は、量子もつれや重ね合わせにより生じる特有の相関関係を指します。この現象では、量子ビット間の状態が互いに依存し、一方の状態の変化が他方に影響を与える。量子相関は古典物理学では説明できない現象で、量子通信や量子計算の基礎を形成します。

  • ■量子ビットフリップ
    量子ビットフリップは、量子ビットの状態が「0」から「1」へ、またはその逆へと反転する現象です。これは量子コンピューティングにおける基本的な操作であり、量子ゲートを用いて制御的に行われます。

  • ■量子コンピュータアーキテクチャ
    量子コンピュータアーキテクチャは、量子計算を実行するための物理的および論理的な構造を指します。これには、量子ビットの配置、量子ゲートの実装、エラー訂正のメカニズムなどが含まれます。

  • ■量子ゲートモデル
    量子ゲートモデルは、量子計算において量子ビットを操作するための標準的なアプローチです。量子ゲートは、量子ビットの状態を変化させる演算子として機能し、複雑な量子アルゴリズムを実行するために組み合わされます。

  • ■ハイゼンベルクの不確定性原理
    ハイゼンベルクの不確定性原理は、量子力学において粒子の特定の対の物理量(例えば、位置と運動量)を同時に完全に知ることは不可能であることを示す原理です。

  • ■量子キーディストリビューション
    量子キーディストリビューション(QKD)は、量子もつれや量子通信を利用して暗号化キーを安全に共有する技術です。QKDは第三者による盗聴が理論的に検出可能で、非常に高いセキュリティを提供します。

  • ■量子コンピュータ言語
    量子コンピュータ言語は、量子アルゴリズムや量子プログラムを記述するためのプログラミング言語です。これらの言語は、量子ゲートの操作、量子ビットの制御、量子計算の実行を記述するために特化されています。

  • ■量子プロセッサ
    量子プロセッサは、量子ビットを使用して量子計算を実行するデバイスです。量子プロセッサは、量子もつれや重ね合わせを利用して、古典的なプロセッサよりも高速かつ効率的に計算を行うことができます。

  • ■量子エミュレーション
    量子エミュレーションは、古典的なコンピュータを使用して量子系の挙動を模倣するプロセスです。これは、実際の量子コンピュータが利用できない場合に、量子アルゴリズムや量子現象を研究するために用いられます。

  • ■量子フィードバック制御
    量子フィードバック制御は、量子システムの動作をリアルタイムで監視し、所望の量子状態を維持するために外部からの調整を行う技術です。この制御は、量子ビットの安定性と正確性を向上させるために重要です。

  • ■量子熱力学
    量子熱力学は、量子力学の原理を熱力学の法則に適用した分野です。微小な量子システムにおけるエネルギーと温度の関係、量子状態のエントロピー変化などを研究し、量子レベルでの熱力学的プロセスを理解します。

  • ■量子逆問題
    量子逆問題は、測定結果から量子システムの状態を推定する問題です。この分野では、限られた情報から量子システムの特性やダイナミクスを特定する方法を探求します。

  • ■量子位相
    量子位相は、量子状態の波動関数の角度成分を指します。量子干渉や量子もつれにおいて重要な役割を果たし、量子情報のコヒーレンスや相関を記述するのに用いられます。

  • ■量子力学
    量子力学は、原子や素粒子のような微小な物理システムの挙動を記述する物理学の基本理論です。重ね合わせ、もつれ、不確定性原理などの概念を提供し、現代物理学の基礎を形成しています。

  • ■量子干渉計
    量子干渉計は、量子ビットの干渉パターンを測定する装置です。これは量子ビットのコヒーレンスや相関を評価するのに使用され、量子通信や量子センシングにおいて重要なツールです。

  • ■量子情報保存
    量子情報保存は、量子状態を長期間にわたり安定して保持する技術です。これは量子データの信頼性と持続性を確保するために重要で、量子コンピューティングや量子通信において中心的な課題です。

  • ■量子ジャンプ
    量子ジャンプは、量子系が一つのエネルギー状態から別のエネルギー状態へと突然変化する現象です。これは観測により引き起こされることが多く、量子力学の不連続な性質を示しています。

  • ■量子誤り訂正符号
    量子誤り訂正符号は、量子ビットのエラーを検出し訂正するための符号化手法です。これにより、量子情報の信頼性を保ち、量子コンピュータの実用化に向けた重要なステップとなっています。

  • ■量子リソース理論
    量子リソース理論は、量子システムの特性や操作を量的に評価するための枠組みです。この理論は、量子もつれやコヒーレンスなどの量子的資源をどのように利用し最適化するかを研究します。

  • ■量子センサー
    量子リソース理論は、量子システムの特性や操作を量的に評価するための枠組みです。この理論は、量子もつれやコヒーレンスなどの量子的資源をどのように利用し最適化するかを研究します。

  • ■量子測定理論
    量子測定理論は、量子状態を観測し測定するプロセスを記述する量子力学の分野です。この理論は、観測が量子状態にどのような影響を与えるか、測定結果の確率的性質をどのように理解するかを探求します。

  • ■量子ハードウェア
    量子ハードウェアは、量子ビットを物理的に実装し操作するための装置や技術です。これには、量子ビットを生成・保持・操作するための半導体デバイス、超伝導回路、光学系などが含まれます。

  • ■量子ランダムウォーク
    量子ランダムウォークは、古典的なランダムウォークの量子版で、ランダムな選択に基づく量子ビットの移動パターンを記述します。この現象は量子探索アルゴリズムや量子拡散プロセスの理解に役立ちます。

  • ■量子スピン
    量子スピンは、量子力学における基本粒子の固有の角運動量です。スピンは粒子の磁気的性質を決定し、量子計算や量子通信における重要な情報キャリアとして機能します。

  • ■量子ネットワーク
    量子ネットワークは、量子もつれや量子通信を利用して情報を伝達する通信ネットワークです。これにより、高いセキュリティの量子暗号通信や量子情報の共有が可能になります。

  • ■量子ビームスプリッター
    量子ビームスプリッターは、光のビームを分割または合成する光学装置で、量子光学の実験や量子情報処理に使用されます。これは光子の状態を操作し、干渉やもつれを生成するのに役立ちます。

  • ■量子パターン認識
    量子パターン認識は、量子アルゴリズムを用いてデータからパターンを識別する技術です。これは、量子計算の並列性と高速性を活用し、機械学習やデータ分析に応用されます。

  • ■量子オプティクス
    量子オプティクスは、光と物質の量子力学的な相互作用を研究する分野です。これにより、光子の単一性、もつれ、量子通信の基礎などが理解され、新しい光学技術が開発されます。

  • ■量子フォトニクス
    量子フォトニクスは、光(光子)を使用して量子情報を処理・伝達する技術です。これは、光に基づく量子コンピュータの開発や、量子通信システムの構築に関連します。

量子コンピュータ

量子コンピュータに関連する用語をここに表示します。

  • ■量子スピノロジー
    量子スピン系の研究。

  • ■量子スティラーダイナミクス
    量子系の時間的挙動を記述する理論。

  • ■量子システムズエンジニアリング
    量子技術の設計と実装に関する工学分野。

  • ■量子状態再構成
    量子測定から完全な量子状態を推定するプロセス。

  • ■量子制御ノットゲート
    2つの量子ビットを操作する基本的な量子ゲートの一種。

  • ■量子アルゴリズムのデバッグ
    量子アルゴリズムのエラーを特定して修正するプロセス。

  • ■量子ウェーブファンクション
    量子状態を記述する数学的関数。

  • ■量子ウェル
    電子などが量子力学的に限定された領域。

  • ■量子コヒーレンス
    量子状態の相関を維持する能力。

  • ■量子コンピュータのアセンブリ言語
    量子コンピュータの低レベルプログラミング言語。

  • ■量子コンピュータのスケーラビリティ
    量子コンピュータが大規模化できる能力。

  • ■量子ディスプレイ
    量子ドットを使用した高解像度ディスプレイ技術。

  • ■量子エネルギーレベル
    量子状態のエネルギーの量。

  • ■量子エントロピー
    量子状態の不確実性を測定する指標。

  • ■量子フィルタ
    量子情報を選択的に透過させる装置。

  • ■量子フラッシュメモリ
    量子効果を利用した高速記憶装置。

  • ■量子ジェネレータ
    量子状態を生成する装置。

  • ■量子測定装置
    量子ビットの状態を測定するための装置。

  • ■量子モデル
    量子現象を説明する理論的枠組み。

  • ■量子モジュレーション
    量子状態を変調するプロセス。

  • ■量子モニタリング
    量子システムを監視するプロセス。

  • ■量子モーター
    量子効果を利用した小型モーター。

  • ■量子ノイズリダクション
    量子システムのノイズを減少させる技術。

  • ■量子非線形光学
    非線形効果を利用した量子光学。

  • ■量子数
    量子系の状態を特徴づける整数値。

  • ■量子オーバーレイネットワーク
    量子情報のオーバーレイ通信ネットワーク。

  • ■量子パリティチェック
    量子ビットのパリティをチェックするプロセス。

  • ■量子位相シフト
    量子ビットの位相を変更する操作。

  • ■量子位相空間分布
    量子状態の位相空間における分布。

  • ■量子位相推定アルゴリズム
    量子状態の位相を推定する量子アルゴリズム。

生成AI

生成AIに関連する用語をここに表示します。

  • 用語はありません。

  • デジタルトランスフォーメーション

    デジタルトランスフォーメーションに関連する用語をここに表示します。

  • 用語はありません。

  • < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >