用語集
【中古】 量子コンピュータの衝撃 世界を変えるデジタル最終兵器 / 深田 萌絵 / 宝島社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】
954円
著者:深田 萌絵出版社:宝島社サイズ:単行本ISBN-10:4299003381ISBN-13:9784299003386■こちらの商品...
【中古】 2019年、日本上陸量子コンピューター 社会・企業・仕事・生活はこう変わる! / 日経ビジネス / 日経BP [ムック]【宅配便出荷】
285円
著者:日経ビジネス出版社:日経BPサイズ:ムックISBN-10:4296101102ISBN-13:9784296101108■こちらの...
【中古】 クラウド量子計算入門 IBMの量子シミュレーションと量子コンピュータ/中山茂(著者)
2,722円
中山茂(著者)販売会社/発売会社:カットシステム発売年月日:2016/10/01JAN:9784877834081
いちばんやさしい量子コンピューターの教本 人気講師が教える世界が注目する最新テクノロジー【電子書籍】[ 湊雄一郎 ]
1,980円
実用可能なマシンも登場し、いま世界的な注目が高まっている量子コンピューター。これまで解けなかった...
今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本 [ 山崎 耕造 ]
1,650円
山崎 耕造 日刊工業新聞社キョウカラモノシリシリーズトコトンヤサシイリョウシコンピュータノホン ヤマ...

全て

全ての用語をここに表示します。

  • ■量子状態識別
    量子状態識別は、与えられた量子状態を正確に特定するプロセスです。これは量子情報理論において重要で、量子測定、量子通信、量子暗号における基本的な課題です。

  • ■量子アダマール変換
    量子アダマール変換は、量子ビットの状態を重ね合わせに変換する基本的な量子ゲートです。これは、量子ビットの「0」と「1」の状態を等しい確率の重ね合わせに変換し、量子アルゴリズムで広く使用されます。

  • ■量子状態トモグラフィ
    量子状態トモグラフィは、一連の測定から量子状態の完全な情報を再構築する技術です。このプロセスは、量子システムの状態を理解し、量子デバイスの性能を評価するのに使用されます。

  • ■量子情報圧縮
    量子情報圧縮は、量子状態を効率的にエンコードし、必要な情報を最小限の量子ビットで保存する技術です。これにより、量子通信の効率を向上させ、量子データの保存容量を最適化します。

  • ■量子コヒーレント制御
    量子コヒーレント制御は、量子ビットの量子状態を精密に操作する技術です。これは、量子システムの位相や振幅をコントロールし、量子計算や量子通信での応用があります。

  • ■量子コンピューティングキュービット
    量子コンピューティングキュービットは、量子コンピュータにおいて情報処理の基本単位として使用される量子ビットです。重ね合わせともつれの特性を持ち、高速な計算を可能にします。

  • ■量子ベースライン
    量子ベースラインは、量子コンピューティングの性能を評価するための基準点や基本的な性能指標です。これは、量子デバイスの効率やエラー率を比較し、進捗を測定するために用いられます。

  • ■量子チャネル
    量子チャネルは、量子情報を伝達するための通信路です。これは、量子状態の伝送や変換を行い、量子通信や量子暗号に重要な役割を果たします。

  • ■量子データベース
    量子データベースは、量子状態を利用して情報を保存し、検索するシステムです。量子アルゴリズムを使用して効率的にデータを処理し、古典的なデータベースより高速な検索が可能です。

  • ■量子エラー検出
    量子エラー検出は、量子ビットの誤った状態を特定し報告するプロセスです。これは、量子情報の正確性を保ち、量子エラー訂正のための前提条件となります。

  • ■量子フィルタリング
    量子フィルタリングは、量子状態の測定結果を用いて量子システムのダイナミクスを推定する技術です。これは、ノイズの影響を受ける量子系の動作を理解し、制御するのに役立ちます。

  • ■量子アルゴリズム最適化
    量子アルゴリズム最適化は、量子アルゴリズムの性能を改善するプロセスです。これには、計算速度の向上、エラー率の低減、量子リソースの効率的使用などが含まれます。

  • ■量子進化アルゴリズム
    量子進化アルゴリズムは、進化的計算手法を量子計算に応用したものです。これらは最適化問題を解くために量子ビットの重ね合わせやもつれを利用し、解の探索を効率化します。

  • ■量子グラフ理論
    量子グラフ理論は、グラフの概念を量子システムに適用した理論です。これは、ネットワーク上での量子状態の伝播や相互作用を研究するのに使用されます。

  • ■量子チャネル容量
    量子チャネル容量は、量子通信チャネルを通じて送信できる情報の最大量を指します。これは、量子ビットの送信能力やエラー率を考慮した上で測定されます。

  • ■量子色力学
    量子色力学は、強い相互作用を記述する素粒子物理学の理論です。この理論は、クォーク間の力(色力)を説明し、ハドロンの構造を解明します。

  • ■量子誤り拡散
    量子誤り拡散は、量子ビット間の相互作用によって一つのエラーが広がる現象です。量子エラー訂正技術は、この拡散を抑制し、量子情報の正確性を保つために重要です。

  • ■量子位相推定
    量子位相推定は、量子ビットの相対位相を正確に測定する量子アルゴリズムです。これは量子計算や量子通信での応用において、量子状態の精密な制御に役立ちます。

  • ■量子アダマールテスト
    量子アダマールテストは、量子アルゴリズムや量子ビットの状態を評価するための実験手法です。これにより、量子ビットの重ね合わせやもつれの性質を測定できます。

  • ■量子逆量子フーリエ変換
    量子逆量子フーリエ変換は、量子フーリエ変換の逆操作で、周波数領域の量子情報を時間領域に戻す変換です。これは量子アルゴリズム、特に量子位相推定に重要です。

  • ■量子カオス
    量子カオスは、量子システムにおけるカオス的な挙動を指し、予測不可能な動的な行動を示します。これは、古典的なカオス理論とは異なる特性を持ち、量子システムの研究において重要です。

  • ■量子コンデンセート
    量子コンデンセートは、超低温下で多数の粒子が同じ量子状態に集まる現象です。代表的な例はボース=アインシュタイン凝縮(BEC)で、粒子がマクロスコピックな量子状態を形成します。

  • ■量子コンテキスト
    量子コンテキストは、量子測定の結果がその測定の文脈に依存するという量子力学の特性を指します。測定の条件や順序が量子状態の観測に影響を与えることを意味します。

  • ■量子縮約
    量子縮約は、多粒子系の量子状態から一部の粒子の情報を取り出すプロセスです。これにより、量子系の部分的な性質を理解することができます。

  • ■量子ダイナミクス
    量子ダイナミクスは、量子システムの時間的な進化を記述する理論です。この理論は、量子ビットの振る舞いや量子状態の変化を理解するために用いられます。

  • ■量子エンジニアリング
    量子エンジニアリングは、量子力学の原理を応用し、量子デバイスや技術を設計・構築する分野です。量子コンピュータ、量子センサー、量子通信システムなどがその応用例です。

  • ■量子フラクタル
    量子フラクタルは、量子系における自己相似性やフラクタル構造を指します。これは、量子状態の複雑なパターンや分布に関連し、量子カオスの研究に用いられます。

  • ■量子ジャイレーション
    量子ジャイレーションは、量子ビットの状態を回転させる操作です。これは量子ゲートによって実現され、量子計算において重要な役割を果たします。

  • ■量子勾配降下法
    量子勾配降下法は、量子アルゴリズムにおける最適化手法です。この方法は、パラメータの勾配を計算し、最小化問題の解を効率的に探索します。

  • ■量子重力
    量子重力は、量子力学と一般相対性理論を統合しようとする理論です。この理論は、極小スケールでの重力の量子的性質を理解することを目指しています。

量子コンピュータ

量子コンピュータに関連する用語をここに表示します。

  • ■量子位相変調
    量子情報を伝達するための位相変調手法。

  • ■量子プランクスケール
    量子重力効果が顕著になる長さのスケール。

  • ■量子プローブ
    量子系を探査するための小型装置。

  • ■量子プロセス
    量子状態の時間的変化。

  • ■量子プログラム
    量子コンピュータ用のプログラム。

  • ■量子プロジェクション
    量子状態を特定の基底に投影する操作。

  • ■量子ラジエーション
    量子効果による放射。

  • ■量子レート
    量子通信における伝送速度。

  • ■量子リレー
    量子通信における中継点。

  • ■量子リピーター
    量子通信距離を延伸させる装置。

  • ■量子リセット
    量子ビットを初期状態に戻す操作。

  • ■量子リゾルバー
    量子系の状態を解決する装置。

  • ■量子ロジックゲート
    量子ビット上で論理演算を行う量子ゲート。

  • ■量子サンプラー
    量子状態の確率分布からサンプリングする装置。

  • ■量子サテライト
    量子通信を行うための人工衛星。

  • ■量子スケーリング法
    量子システムの性能を向上させる技術。

  • ■量子スキーム
    量子計算や通信のための手法。

  • ■量子スペクトラム
    量子系のエネルギースペクトル。

  • ■量子スピンホール効果
    電子のスピンと運動量の相関による現象。

  • ■量子スピン液体
    強くもつれ合ったスピン状態を持つ物質の相。

  • ■量子ステッピング
    量子ビットの段階的な操作。

  • ■量子ストレージ
    量子情報を保存するための記憶装置。

  • ■量子ストリーム
    連続的な量子情報の流れ。

  • ■量子同期
    量子系間の位相や状態の同期。

  • ■量子タンク
    量子情報を一時的に保持する装置。

  • ■量子テキスタイル
    量子効果を利用した先進的な織物技術。

  • ■量子トポロジー
    量子系のトポロジカルな性質の研究。

  • ■量子トンネルダイオード
    量子トンネル効果を利用した半導体デバイス。

  • ■量子トンネルトランジスタ
    量子トンネル効果に基づくトランジスタ。

  • ■量子トンネル顕微鏡
    量子トンネル効果を利用して表面を走査する顕微鏡。

生成AI

生成AIに関連する用語をここに表示します。

  • 用語はありません。

  • デジタルトランスフォーメーション

    デジタルトランスフォーメーションに関連する用語をここに表示します。

  • 用語はありません。

  • < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >